医師による医療機器評価サイト
2011.02.22
カテゴリー:Health 2.0

Free Evaluation Service - audiences dial

TOBYO開発ブログにて、医師による医療機器評価サイト、「Which Medical Device」が紹介されていました。
http://www.tobyo.jp/tobyoblog/2011/1987.html

恥ずかしながら、上記サイトは知らなかったのですが、いよいよ海外でも医療機器の評価が始まったようです。
About usを読むと、これは、UKのサイトで、2007年からInterventional Radiologistにより運営されており、2010年の時点でのメンバーは1700名。
独立性に重きをおいていて(評価サイトである以上、最も重要ですが)、現在は、上記カテゴリの他、循環器内科、整形外科のドクターが運営しているとのこと。ざっと見たところ、レビューの付いていない医療機器が多く、閑散とした感じなのが気になりますが、今後の動向に注目したいと思います。

昨年11月にEyes, Japanの山寺さんに読んでいただき、Health 2.0 Fukushima chapterで、医療機器も評価される時代が来て、MedPeerはその流れを牽引するつもりです、と講演させていただきましたが、UKでもこの流れが始まっているようです。

Health 2.0 Fukushima chapterはこちら

我々MedPeerでは、現在医療用医薬品を医師の目線で評価していますが、次の段階では、医療機器についても医師の目線で評価していきたいと思っています。

医療用医薬品の場合、最近の生物学的製剤は別として、発見される要素が大きいため、評価等によってフィードバックできる情報を元に改善できるとすると、マーケティングの手法や剤形程度になりますが、医療機器に関しては、フィードバックを元にR&Dに生かせるなど、用途も大きいのではないかと思います。

  • カテゴリー:Health 2.0
Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.