「必要ならやる。やらない方が面白くない」――急成長するエンジニアのスタンス【エンジニア・山崎修平】

メドピアのエンジニアの中で、何よりその圧倒的なスタンスで成長し、社内から信頼を得ているのが山崎です。

何がきても「とりあえずやってみる」。どんなにやったことのないことでも、1ミリも怯むことなく着手し、最短経路で実行していきます。一見すると意思やこだわりが無いように見えて、そこには彼なりの一本筋が通った考え方がありました。

口下手で普段は自分のことを全く語らない山崎に、どんな考えで仕事をしているのか、語ってもらいました。メドピアで活躍するエンジニアの一例として、ご覧ください。

やったことがなくても、必要ならやるだけ。不安も意味がない。

メドピア 山崎修平

山崎 修平(やまさき しゅうへい)

社長室 新規事業推進グループ(エンジニア)

2015年に株式会社ピーレックスに入社。自社サービスの開発・運用に従事。2016年8月にメドピアに入社。入社後は、新規事業のパイロット版開発に従事した後、オンライン医療相談プラットフォーム「first call」を提供する子会社Mediplatの社内唯一のエンジニアとして従事。現在は、社長室の新規事業推進グループで薬局向けに展開する新規事業「kakari」の開発に従事する。

ーー福村さん(弊社CTO)に山崎さんは何がすごいのかを聞いたら、「怯まない」「行動力がある」「口下手」の3つが挙がりました。自分ではどう思いますか?

山崎:そうですね、どうでしょう…。

ーー・・・。どうして、やったことないことでも怯まずにやってみようと思えるんでしょう?

山崎:それがサービスにとって必要で、それで便利になるなら、やります。そうじゃないと会社で働いている意味が無いというか。

ーー会社で働いている意味が無い、というのは?

山崎:なにかを便利にしたり変えていくことができることが、会社でサービスをつくる醍醐味だと思ってるので、僕の個人的な理由でそれにブレーキかけるのは違うなと。

ーーなるほど。初めてのことに、できないかもしれない不安とかは無いですか?

山崎:不安に思ったところで何にもならないですし、やらないことの方が面白くないです。それに、やったことないことをやると、できることが増えるので楽しいです。

分からないことがあっても、エンジニアの悩みは知識の無さが原因なことが大半なので勉強すれば何とかなりますし。やった方がいいものは、やる以外の選択肢は基本的に無いです。

ただ困るのは、やったことがないと、どのくらい時間がかかるかが見えないことです。そのときは、「とりあえずやってみていいですか?」と聞きながら、まずは一旦自分なりにやらせてもらいます。クライアントが関わるものはそうはいかないこともありますけど。

ーー山崎さんは、仕事もあまり選ばないイメージなんですが、やりたいこととかやりたくないこととか、こだわりは?

山崎:あまりにも身にならなさそうだと思ったら反論するかもしれないですが、そうでなければ、やってみます。やってみて見えることもあると思いますし、実際にこれまでそうだったので。

元気で熱いCTO、自分のアプリにダメ出ししてきたCOOーー印象的だったメドピアでの面接

ーー「必要ならやってみる」「その中で何か得るものがあるはず」という考えなんですね。そんな山崎さんが、どういう意志で働く場所を選んできたのか気になるのですが、元々転職するきっかけは何だったんでしょうか?

山崎:前は不動産関連のwebサービスを提供する会社で働いていたのですが、1年くらい働いたとき、まだまだ経験の浅い自分に他のエンジニアの教育を任されるようになっていったんです。そのとき、この自分のレベルを普及していくのはまずいなと危機感を感じました。

自分の技術力はまだまだ低いと思っていたので、技術力の高いエンジニアがいるところでもっとスキルを高めたいと思って転職を考えました。

ーーどういう軸で転職先は探していましたか?

山崎:先ほどの理由があったので、技術を学べる環境であること、もう1つはコードレビューの体制など、エンジニアチームをちゃんと作ろうとしているところがいいなとは思っていました。あとのことは、実際に入ってみないと分からないし、正直そんな深く考えていなかったです。

ーーこだわるポイントは明確に決めつつ、それ以外は「入社しないと分からない」と割り切るのが、山崎さんらしいですね。とはいえ、いくつか会社を見ている中で、なんでメドピアに決めたんですか?

山崎:まず入り口として、事業に興味もったのは大きいです。医師が参加しているクローズドなコミュニティサイトの存在は知らなかったですし、どういう仕組みでビジネスをしているんだろうって思いました。

それで面接に行ってみてCTOの福村に会ったら、なんか元気で熱くて、面白い人だなって。けっこうフワっとした感じで話すけど、時折熱い想いがあることが見えて。

ーー熱い想いって、どんな話があったんですか?

山崎:すみません、覚えてないです…。でも、なんかいいこと言っていたと思います…。

その後でさらに印象的だったのが、COOの林との面接です。職歴書に自分が学生時代につくったアプリのことを書いていたんですが、面接のときにはそれを既にダウンロードして使ってみてくれていました。で、その場でダメ出しされました。

ーーどんなダメだしが?

山崎:大学の教科書のフリマアプリだったのですが、「商品の並べ方はこういう風に見せた方が、お客さんがもっと動くんじゃないか」とか、色々フィードバックをもらいました。そんな風に、自分が個人的につくったアプリを面接のときに既に触ってくれている人なんていなかったので、びっくりしました。

さらに、オファー面談のときには林から、「1年後にはCTOの代わりになれるくらいになってよ」と言われました。なれるかどうかということ以上に、そこまでのレベルを当たり前のように期待してくれるんだと、他との期待レベルの違いに面白い会社だなと思いました。

あとは先ほど言ったとおり、最後は入ってみないと分からないし、やってみるだけと思っていたのでそんなに悩んではいないです。

入社後、「first call」の事業を支える社内唯一のエンジニアに

ーーメドピアに入社してから山崎さんは、新規事業や、子会社のMediplatでヘルスケアサービスの開発を担当してきましたよね。最初にやった仕事は何でしたか?

山崎:入社してすぐは、在宅医療領域で展開を予定していた新規サービスの、パイロット版の開発を任せてもらいました。未経験のRailsでのアプリ開発でしたが、PMと先輩エンジニア3名で開発合宿をして、3日間こもって大元をつくりました。でも、そのときは全員がRails経験が浅かったので、合宿後にRailsエンジニアにレビューしてもらって、全然ダメで作り直したのはいい思い出です。

社内の優秀なエンジニアにアドバイスしてもらいながら予定どおりのリリースができましたが、ゼロからのサービス立ち上げに関われたのは、その過程でしか見えないものがあってすごくいい経験でした。

インフラ構築から脆弱性テストなど、前職では関わることのなかった部分もすべて見る必要があったので。大きい会社などで、機能の一部を改修するような仕事では見えない部分だなと思います。

ーーMediplatで「first call」の開発を任されることになったのはその後ですよね?社内唯一のエンジニアとしての出向でしたが、どうでしたか?

山崎:今はオフィスもメドピアグループで一緒になりましたけど、当時は千駄木にある小さなオフィスで、スタートアップ感満載な空間でした。

「first call」は、一般ユーザー向けのオンライン医療相談サービスから始まって、法人向け展開、さらにはオンライン産業医など新たなサービスをリリースしていっています。オンライン診療や産業医、人事労務などの制度や法律が絡んできますが、初めて触れる領域で刺激があります。

ーーMediplatは週に1回、全員が集まって2時間くらい定例をやりながら事業を進めているのが印象的ですが、エンジニアとして参加していてどうですか?

山崎:週に1回の定例で様々な方針が決まり、動かしていくそのスピード感は刺激的です。

Mediplatの組織は、COOの林の元、現役の医師たちや、企画、営業のメンバー、そして開発を業務委託しているチームなどがいますが、週に1回全員が集まって行う定例会で、サービスの企画から開発・営業の進捗までを全員で共有します。

全体の動きが会議で見えるので、そこに向けてここが足りないから開発ではここをやろう、などと自分で考えることができるのがいいなと思ってます。また、自分がもし事業をやるとしたら、「営業ではそういう苦労のポイントがあるんだ」とか、「そういう風にお客さんをとってくるんだ」というエンジニア以外の視点を知れるのは勉強になります。

他人とは比較しない。できることを増やして、いつか自分の問題提起でサービスをつくりたい

ーー今は、メドピアの社長室で、薬局向けの新規事業「kakari」の開発を担当していますが、何か変わったことはありますか?

山崎:今のサービス開発は、他の人がリードエンジニアをやっているので、景色がちょっと違います。予めこういうことをやっておくといいとか、話し合いのレベルでは大雑把でも決めて実装時に詳細は詰めていくのはリズムが良くていいなとか、色々気づきがあります。

技術的にも事業領域的にも新しいことをチャレンジしているので、そこはこのプロジェクトに参加している大きな旨味だと思ってます。

ーー入社後のその成長スピードも評価されている山崎さんですが、山崎さんは、他の人と自分を比較したり、成長しているか不安になったりしないんですか?

山崎:他の人と比較は…、したことないです。もし自分が大丈夫じゃなかったら窓際に追いやられているかもしれないですけど、そうじゃないなら…。

メドピアに入っていろんなことをやらせてもらえているので、その中でできることが増えてきたのはもちろん、考慮できる点とか関われる範囲が増えている実感はあります。メドピアは新しいサービスがどんどん立ち上がるので、そこに絡んでいけば学べる機会がたくさんあるのは、いいところだと思います。

ただ、自分にまだ足りてないなと思うところで、「もっとこのサービスが使われるようになるためにどうすればいいか」というところにはまだあまり貢献できていないかもしれないです。

ーー入社して2年半くらい経ちましたが、1年後にはどうなっていたい、などありますか?

山崎:自分で問題を提議して、サービスをつくってみたいです。技術的なとこだと、ミーハーなんで機械学習とか、統計とかもかじっていきたいなと思ってます。

メドピアでは「エンジニア」を積極募集中です!

募集要項
Ruby on Rails エンジニア[新規事業]
Ruby on Rails エンジニア
Ruby on Rails エンジニア(ポテンシャル)
iOSエンジニア
Androidエンジニア
フロントエンドエンジニア

開発ブログでもエンジニアがナレッジを公開中!

その他の職種や、メドピアの採用情報はこちら

メドピアグループ採用サイト
Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.