MEMBER

「医療×ビジネス」を次々と成立させていく

株式会社フィッツプラス 代表取締役社長

高橋 宏幸Hiroyuki Takahashi

メドピアに入る前

冷静な判断が求められるコンサルタント。でも最後に人を動かすのは情熱だと気づいた

前職は大手コンサルティング会社で、クライアント企業の営業改革や業務改革を支援していました。各社の一大改革プロジェクトに若い内から数多く触れることができたのは貴重な経験でしたし、常に崖っぷちのような環境の中で、大局観を持って一歩引いた立場から冷静に判断するという姿勢や、仮説検証のスキルを身に付けることができました。
しかし、意志決定や実行フェーズに入った時に、それを実行する人を動かすのはロジックよりも情熱です。それに気付いたとき、自分自身がより情熱を持って語ることのできる事業に、当事者としてどっぷりと浸かってみたいという思いが湧き上がってきました。

メドピアに入社した理由

住む場所や環境で変わる医療サービスの格差を解消したい

そんな中、メドピアで働く前職の先輩からメドピアのミッション「Supporting Doctors, Helping Patients.」への熱い想いを聞き、メドピアに興味を持ちました。
事業の社会的意義や、ベンチャーという刺激的な環境はもちろんですが、地方で入院している祖母の状況から、住む場所や環境によって受けることのできる医療サービスに格差があることを実感していたので、それを少しでも解消したいという個人的な想いが最後の決め手となって入社を決めました。

メドピアで働く今

多くの規制や慣習を乗り越えながら、医師たちと共に明日の医療を創る

メドピアに入社して5年以上経ちますが、製薬企業様向けのマーケティング支援から始まり、医師向けプラットフォーム「MedPeer」の企画・運用を行う部門の部長を務めた後、現在は新規事業開発を担当しています。メドピアがこれまで蓄えてきた10万人の医師のネットワークと集合知を活かして、医師と患者さんを直接支援するサービスを準備しています。
多くの規制・慣習を乗り越えて明日の医療を創っていく中で、様々な業界出身者、様々な専門性を持つメンバーが部門の垣根を超えて協力してくれることはとても頼もしいです。また、理念に共感してくれる多くの医師の方々が積極的にディスカッションに応じてくれます。このような環境で大いにチャレンジすることができることに非常にやりがいを感じています。

メドピアでのこれから

医療・ヘルスケア業界に、異業界の経験や知恵がもっと加わって欲しい

「医療×ビジネス」を次々と成立させていきたいです。想いだけでは世の中に変化を生み出すことはできません。価値あるサービスを提供し、それに見合った対価をいただくことによって、継続的なイノベーションを起こすことのできる事業を創りたいと思っています。そしてこれを実現するために、メドピアのメンバーだけでなく、医師をはじめとする医療関係者やヘルスケアに携わる方々と様々なコラボレーションを仕掛けていきたいです。
医療・ヘルスケア業界には様々な規制や慣習があり、入社当初は戸惑うこともありましたが、それはどの業界でも同じことです。異業界・異職種での経験を活かすことができるかどうかは自分次第だと思っていますし、もっともっと多くの経験・知恵が加わって欲しいです。

メドピアを一言で言うと?
安心して暮らすことのできる未来を創る場所

メンバー
PEOPLE

医師やエンジニア、コンサルタントなど、異業界から集まったメンバーが、それぞれの思いでメドピアでしかできない挑戦をしています。

採用情報
JOB INFO

メドピアには、医師やエンジニア、コンサルタントなど、異業界からさまざまなメンバーが集まっています。

私たちと一緒に、今ここでしかできない新たな挑戦をしたい仲間を募集しています。

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.