MEMBER

世界をリードする医療サービスを日本発でつくる

メディア&プラットフォーム部 部長

筒井 康浩Yasuhiro Tsutsui

メドピアに入る前

リクルートで9年間、ディレクターとして多くのサービスを経験

前職はリクルートで、約9年間勤務しました。プレイヤーからリーダー、マネージャーと様々な役割を経験しましたが、業務内容としては一貫してディレクション業務を担当していました。宿予約サービス「じゃらん」のUI改善や口コミ機能のリニューアル、また、リクルートが運営する多くのサービスで利用できる共通ID&ポイントの立ち上げなど、多くのサービス改善や立ち上げプロジェクトを経験してきました。

メドピアに入社した理由

ここなら医療現場のことを理解した上でサービスデザインができると確信

元々、前職リクルートに入社したきっかけが介護サービスの立ち上げでした。残念ながらそのサービスはリリース後、早期にクローズしてしまったのですが、どこかでまた「ヘルスケア領域」にトライしたいとずっと思っていました。
そんな中、メドピアに入社するちょうど1年くらい前に、自分のキャリアプランを考える機会があり、トライするなら今だなと決意し、ヘルスケア業界の会社をチェックしていた際にメドピアを知りました。
入社を決意した理由は2点です。1点目は、「10万人を超える医師会員を既に保持している」こと。2点目は、「社長が現在も週一で臨床の現場に立っている現役の医師」だということです。メドピアであれば、多くの医師にお会いし、医療の現場のことを理解した上でサービスデザインができる、と確信しました。

メドピアで働く今

コミットメント意識さえあれば、守備範囲を広げて自由にのびのび仕事ができる

入社直後は、「medパス」という医療関係者のための共通ID基盤サービスの立ち上げという一大プロジェクトのディレクションを担当し、今現在は「MedPeer」のサービスリニューアルのプロジェクトマネージャーをやっています。
メドピアには社長の石見を始め、複数名の医師が常時出入りしており、かつ一緒に働いているメンバーも長らく医療関連業界で働いてきたプロフェッショルが多くいます。医療業界が初めての私は、学びの多い刺激的な毎日を過ごしています。
仕事に対するコミットメント意識さえ持っていれば、少々守備範囲をはみ出して動いたとしても咎められることはないので、割と自由にのびのびと仕事をしています。この環境のおかげで、通常の企業の3倍速くらいで経験値を獲得できている気がします。

※NTTドコモグループの日本アルトマーク社とメドピアが、2016年6月1日に合弁で設立した株式会社medパスが提供するサービス

メドピアでのこれから

1年以内に100人の医師に会いに行く

まずは目の前のプロジェクトを確実に遂行することに全力を投じていますが、今後はもっともっと医療の現場に出かけて行きたいと思っています。入社する際に「1年以内に100人の医師に会ってみたいです」と社長の石見に伝えところ、「いいよ!」と即答してもらったことも、この会社を選んだ理由の1つです。まだ、20名弱の医師にしかお会いできていないので、これからスピードを上げて、現場に出かけて行こうと思っています。
2020年前後には、自分が担当したサービスを海外に展開することにもチャレンジしたいと考えています。日本は世界一の高齢化先進国で、ありとあらゆる高齢化社会のノウハウがどこの国よりも早く蓄積できるというアドバンテージを持っています。この機会を生かし、世界をリードできるような医療サービスを日本発で作ることが中長期の目標ですね。

メドピアを一言で言うと?
日本における数少ない「医療ど真ん中」を狙っているヘルスケアカンパニー

メンバー
PEOPLE

医師やエンジニア、コンサルタントなど、異業界から集まったメンバーが、それぞれの思いでメドピアでしかできない挑戦をしています。

採用情報
JOB INFO

メドピアには、医師やエンジニア、コンサルタントなど、異業界からさまざまなメンバーが集まっています。

私たちと一緒に、今ここでしかできない新たな挑戦をしたい仲間を募集しています。

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.