開発環境
WORKPLACE

メドピアの事業にはエンジニアが欠かせません。

エンジニアが高いパフォーマンスを発揮できるよう、様々な制度や環境を用意しています。

制度

  • 裁量労働制メドピアではエンジニア、デザイナーに裁量労働制を導入しています。
  • PC・ディスプレイは高スペックを支給PCはMacBookProでメモリは16GB、ディスプレイは28インチ高解像度を支給します。
  • テックサポート技術研鑽や開発効率アップの補助のための費用を1人あたり年間12万円まで会社がサポートしています。
    例:有料のテキストエディタやAWS・Azure・GCPなどのIaaS、情報系資格取得代等々
  • 勉強会参加費用負担RubyKaigiは全エンジニアに参加費(交通/宿泊費含む)を支給するなど、勉強会への参加を積極的にサポートしています。
  • 振り返り(コードレビュー)/情報共有会週1回全エンジニアが組織横断で集まり、振り返りや情報共有を実施。プロジェクト内容やナレッジを透明化することで、全社での連携と互いの成長につながります。
  • LT大会/勉強会ランチタイムに自由なテーマでLT大会を開催したり、輪読会を毎週開催しています(輪読用書籍は会社がサポート)。その他、社外を呼んだ勉強会も積極開催中。
  • 開発合宿年に2・3回、温泉宿などに宿泊してハッカソン形式の開発合宿を開催。2泊3日で普段はなかなかできない課題や技術に挑戦します。
  • ???その他、開発力向上のために必要なものはメンバーからどんどん提案可能です!

言語・フレームワーク等

メドピアの開発では、新しい言語やツールを積極的に採用しています。
メンバーからの提案で採用することも多く、常に試しながらいいものをスピーディーに取り入れる文化です。

  • 開発支援系

  • 開発・本番環境

  • データベース

  • 業務支援系

  • 開発言語

  • その他

採用情報
JOB INFO

メドピアには、医師やエンジニア、コンサルタントなど、異業界からさまざまなメンバーが集まっています。

私たちと一緒に、今ここでしかできない新たな挑戦をしたい仲間を募集しています。

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.