Newsプレスルーム

2015.03.30
「MedPeer」が 医学生を対象に、メーリングリストサービスの「らくらく連絡網」と業務提携

医師専用のコミュニティサイト「MedPeer(メドピア)」を運営するメドピア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:石見 陽、以下メドピア)と、メーリングリストサービス「らくらく連絡網」を運営するイオレ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:吉田直人、以下イオレ)と、このたび業務提携を開始いたしました。

 
logo2

 
「MedPeer」では、医師の臨床を支援するサービスを提供しており、現在7万人以上の医師が利用しています。サイト内では医師会員が、薬剤や症例等に関する互いの知識・経験を共有しており、その蓄積した「集合知」を無料で参照することができます。また、「MedPeer」は医学生会員向けにも公開しており、医学生はサイト内の医師の集合知を閲覧できる他、医学生向けのサービスとして、先輩医師が実際に参加した研修先の実体験をクチコミとして集めた「レジデント・レポート(研修病院評価)」を利用することができます。

「らくらく連絡網」は、サークルやゼミ、PTAや自治体の集まりなど、様々な団体活動において利用できる無料メーリングリストです。スマートフォン向けアプリもあり、メーリングリストだけでなく、メンバーとの日程調整や出欠確認、アンケート収集などが可能なサービスです。大学生を中心に利用が拡大し、現在38万団体、650万人の会員が利用しており、その内約2.5万人が医学部所属学生(看護師等も一部含む)となっています。

このたびの業務提携により、医学生は「らくらく連絡網」に登録時、「MedPeer」に同時登録することが可能となりました。これにより、医学生の間から「MedPeer」内に蓄積する医師の知見を得ることが可能となります。メドピアは今後、医学生に有用なコンテンツを開発、拡充してまいります。

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.