Top Message代表メッセージ

集合知により医療を再発明する代表取締役社長 CEO (医師・医学博士) 石見 陽

私たちが創業した2004年は、奇しくも日本国内において「医療訴訟」の件数が過去最高に達した年でした。その後、訴訟件数は減少に転じているものの、未だに「医療不信」は国民の間に根強く残っていると感じます。医療従事者と国民との間にこのような相互不信をもたらしてしまったことは、医療従事者側の説明不足、そして情報の氾濫による国民側の混乱とサービス提供の質に対する意識の高まりなど、数え上げてみると多くの原因があるように思います。

私たちは、これらの相互不信の根底には、医療というものの特殊性が成す医療従事者と国民との間の「圧倒的な情報格差」に原因があると考えてきました。そして、その情報格差を解消するために、まずは現場の医師の情報共有にこだわりました。特定の著名な医師の意見だけでなく、医療現場で働く医師一人ひとりの声を丹念に拾うこと。そして、その先にそれらの声をバイアスなしに世間に届けること。初期の「MedPeer」のサービスは、この問題意識のために展開してきました。2014年に、史上初となる「現役医師兼経営者」として東証マザーズに上場して以降も、私自身が現役の医師であることにこだわっているのは、現場感を持つ経営者だからこそ、「医療現場の中の人」として変革を巻き起こすことができる、という確信を持っているからです。

団塊の世代の方々が後期高齢者を迎える「2025年問題」。もうそこまで来ているこの国の超高齢社会と財政問題への対応。医療の質を保つためだけでなく、医療費の抑制のためにもヘルスケア領域のIT化は必ず成し遂げなければいけない課題です。「集合知により医療を再発明する」。これは、私たちのVision(実現したい姿)であり、ここまで運営してきたサービス群は、まだ私たちのVisionを実現するための序章に過ぎません。今後はより「医療ど真ん中」に深く刺さるサービスを展開していく予定であり、そのための組織運営体制構築、人材採用・教育研修、事業提携等を進めてまいります。

ヘルステック(医療×IT)業界の成長余力は無限です。実際にこの数年でこの業界におけるベンチャー企業は増加しており、この成長領域の中で私たちは、10万人以上の医師の経験・知恵を全国レベルで集約し共有するプラットフォームを創り上げてまいりました。今後はこのプラットフォームを基盤として、「ヘルステック×医療ど真ん中」を目線としておきながら加速度的に様々なサービスを生み出し、ヘルステック業界を牽引していく所存です。

まだまだ私たちの挑戦は始まったばかりです。医師会員の皆様、株主の皆様、関係各社様におかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。
新たな成長ステージを目指す私たちの今後にご期待ください。

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.