Newsプレスルーム

2017.12.05
「Health 2.0 Asia – Japan 2017」ピッチコンテスト、最優秀賞はMICOTOテクノロジーに決定!

メドピア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)は、2017年12月5日(火)・6日(水)の2日間、ヘルステックのグローバルカンファレンス「Health 2.0 Asia – Japan 2017」を、東京・渋谷ヒカリエホールにて開催しています。本カンファレンス内で、本日12月5日(火)の午後に「ピッチコンテスト」を開催し、審査員およびオーディエンス投票によって決定する「最優秀賞」を、外観・内部構造ともに人を再現した生命感じるロボット“mikoto”を開発する株式会社MICOTOテクノジーが受賞いたしました。また、スポンサー賞である「LINK-J賞」も同様に、株式会社MICOTOテクノジーが受賞いたしました。
(ピッチコンテストの概要はこちら

【最優秀賞】株式会社MICOTOテクノロジー 代表取締役社長 檜山 康明
・賞品:100万円 / 2018年に米国開催のHealth 2.0 Annual Fall Conferenceへの参加チケット2名分
【LINK-J賞】株式会社MICOTOテクノロジー 代表取締役社長 檜山 康明
・賞品:日本橋のシェアオフィス利用権およびLINK-J会員権 1年分

picture_900

picture2_900

ファイナリスト

世界初の完全栄養の主食「BASE PASTA」
shun_hashimoto
ベースフード株式会社 代表取締役 橋本 舜

理学療法VRリハビリツール「Gonio VR」
jesper_aggergaard
Gonio VR, Ege Jespersen & Jesper Aggergaard

世界初の歩き方を可視化して美脚を作るIoT「スマートヒール」
daichi_okabe
株式会社ジャパンヘルスケア 代表取締役社長 CEO(医師) 岡部 大地

外観・内部構造ともに人を再現した生命感じるロボット“mikoto”
hiyama
株式会社MICOTOテクノロジー 代表取締役社長 檜山 康明

OTON GLASSー読む能力を拡張するスマートグラスー
shimakage
株式会社 OTON GLASS 代表取締役 島影 圭佑

ICTを活用した言語リハビリサービス
akihiko_morimoto
株式会社ロボキュア 代表取締役 森本 暁彦

審査員

・Eugene Borukhovich(Global Head of Digital Health & Innovation, Bayer)
・玉塚 元一(株式会社ハーツユナイテッドグループ 代表取締役社長CEO)
・Robin Farmanfarmaian(The Patient as CEO 著者)
・湯浅 智之(株式会社リヴァンプ 代表取締役社長CEO)
・宮田 拓弥(スクラムベンチャーズ 創業者/ジェネラルパートナー)
・堀 新一郎(YJキャピタル株式会社 代表取締役)
・田中 聡(日本生命保険相互会社 取締役執行役員)
・矢作 友一(インテージグループ 株式会社アスクレップ 代表取締役社長)
・石見 陽(メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO(医師・医学博士))

judges_600

開催趣旨

高齢先進国として世界中から注目を集め、どこよりも早く医療・ヘルスケア領域でのイノベーションが期待されている日本において、昨今規制緩和とともに新しい技術を活用したサービスが普及の兆しを見せ始めています。この追い風を受けながら、いち早く医療・ヘルスケアにおける未来のスタンダードを創ろうと挑むチームを「Health 2.0 Asia – Japan 2017」がサポートする目的で、本ピッチコンテストを開催いたしました。
応募は、予防から医療・介護、食まで、人がより良く生きることをテクノロジーを活用して実現するサービス(ヘルステック)を対象とし、多数応募の中から厳選されたファイナリスト6社が登壇しました。

Health 2.0 Asia – Japanについて

【Health 2.0について】
2007年に米国カリフォルニアでスタートした「Health 2.0」(http://health2con.com/)は、医療・ヘルスケア分野における最新のテクノロジー(ヘルステック)とそれを活用した先進事例を紹介する、世界最大規模かつ最もアクティブなグローバルカンファレンスです。
大企業からスタートアップ、医療従事者から投資家まで様々なプレイヤーがつながり、知の共有と連携が生まれる場を創出することで、医療・ヘルスケア業界にイノベーティブで画期的なビジネスが誕生し、成長していくエコシステムを構築することを目的としています。

【Health 2.0 Asia – Japan 2017について】
「Health 2.0 Asia – Japan 2017」は、ヘルステックにおける世界最大規模のグローバルカンファレンスであり、日本における開催は今回が3回目となります。今年のメインテーマは「Platform Arises ~産学官が連携し、未来を創造する~」。政策や制度の最新トピックから、AIやVR・ロボティクスなどの最新テクノロジーの活用、認知症や糖尿病などの対策が迫られる疾患、そして転換期を迎える製薬業界のイノベーションまで様々なテーマを設け、国内外および産学官から多様なキーパーソンが一同に会して最新情報および先進事例を共有します。

※参考:Health 2.0 Asia – Japanの過去開催
・「Health 2.0 Asia – Japan 2016」:https://www.health2conjapan.com/2016/
・「Health 2.0 Asia – Japan 2015」:https://www.health2conjapan.com/2015/

【メドピア株式会社について】
「Supporting Doctors, Helping Patients.」をミッションとして、医師同士が臨床経験を共有する医師専用のコミュニティサイト「MedPeer」を運営。現在10万人以上の医師(日本の医師の3人に1人)が参加し、医薬品や疾患に関する医師の”集合知”を形成。グループ全体では、医師によるオンライン健康相談プラットフォーム「first call」や、管理栄養士による食事トレーニング「ダイエットプラス」を展開。医師プラットフォームを基盤に、医師向けの臨床支援サービスや一般向け健康増進・予防サービスを展開し、「医療の再発明を目指す。
参照URL:https://medpeer.co.jp/

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.