Newsプレスルーム

2018.09.05
メドピアグループ、重症化予防プログラムを提供するPREVENTと提携 ~健康保険組合向けに予防支援サービスを強化~

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽、以下当社)の連結子会社である株式会社フィッツプラス(東京都中央区、代表取締役社長:高橋 宏幸、以下フィッツプラス)は、この度、健康保険組合向けに名古屋大学医学部発ベンチャーの株式会社PREVENT(愛知県名古屋市、代表取締役:萩原 悠太、以下PREVENT)が展開する重症化予防プログラムの提供を開始することといたしました。両社は、本取り組みを皮切りに更なる協業を検討し、健康増進から特定保健指導や重症化予防まで、対象者の健康状態に合わせた予防施策を一気通貫で提供し、健康保険組合を中心に健康寿命の延伸および医療費の適正化に向けた支援を強化してまいります。

logo_1000

提携の背景・目的について

当社グループは、「Supporting Doctors, Helping Patients.」の理念のもと、医師会員数10万人を保有する医師プラットフォーム「MedPeer」を基盤に、医師向けの臨床支援事業に加えて、一般向けに医師および管理栄養士の専門家ネットワークを活用した予防医療事業を展開しています。健康保険組合向けには、フィッツプラスにおいて管理栄養士が食生活改善を中心に生活習慣病予防・行動変容を支援する特定保健指導サービス「ダイエットプラス」を、株式会社Mediplatにおいて、チャット形式等での相談に医師が実名で回答するオンライン健康相談「first call」による健康増進・予防サービスを提供しています。

PREVENTは、名古屋大学大学院医学系研究科(保健学)山田研究室での研究成果を基にした重症化予防技術を活用し、生活習慣病既往者を対象にした事業を展開しています。健康保険組合向けには、レセプトや健診データを活用して疾患の発症予測等を行う医療データ解析事業「Myscope」、アプリとライフログのモニタリング・デバイスを活用した生活習慣改善指導による重症化予防支援事業「Mystar」を提供しています。

生活習慣の変化や高齢化により、生活習慣病をはじめとした慢性疾患の患者が増加し、医療費増加の原因となっています。特に糖尿病においては、重症化した際の人工透析治療に1人あたり年間約500万円、国全体で年間約1.57兆円もの医療費がかかっています。そこで政府は、「糖尿病腎症重症化予防プログラム」を策定し、健康保険組合等のデータヘルス計画においても、「糖尿病等の重症化予防」への取り組みを保険者の評価対象に据えるなど、重症化予防に向けた対策を強化しています。

この度の両社の契約および今後の協業により、当社グループは、従来の健康もしくは生活習慣病予備群の対象者を中心とした支援に加えて、生活習慣病・疾病の既往者に対する重症化予防も支援していくことが可能となります。今後、医師と管理栄養士の専門家ネットワーク、およびレセプトや健診データ、ライフログ等のデータと研究に基づくエビデンスといった両者の強みを活かしながら、健康増進・予防を一気通貫で支援するサービスを検討していくことで、健康寿命の延伸および医療費の適正化を目指します。

<メドピアグループが今後提供する予防サービス>

image

【メドピア株式会社の概要】
会社名 : メドピア株式会社
所在地 : 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設 立 : 2004年12月
代表者 : 代表取締役社長 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL : https://medpeer.co.jp

【株式会社フィッツプラスの概要】
会社名 :株式会社フィッツプラス
所在地 :東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設 立 :2006年3月
代表者 :代表取締役社長 高橋 宏幸
事業内容:管理栄養士による食生活コーディネート「ダイエットプラス」の運営、特定保健指導事業
URL :https://fitsplus.co.jp/

【株式会社PREVENTの概要】
会社名 :株式会社PREVENT
所在地 :名古屋市中区錦3-10-14 協和錦ビル7階
設 立 :2016年7月
代表者 :代表取締役 萩原 悠太
事業内容:医療データ解析、生活習慣病の重症化予防支援事業等
URL :https://prevent.co.jp/

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.