Newsプレスルーム

2021.02.15
メドピアグループの産業保健支援サービス「first call」、小規模法人を対象とした 「従業員数50名未満企業専用プラン」の提供を開始
月額2万円(税別)で『産業医面談』・『医療相談』・『ストレスチェック』が オンラインで実施可能に

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役 CEO:林 光洋)は、産業保健支援サービス「first call」において、小規模法人を対象とした「従業員数50名未満企業専用プラン」を本日より提供開始いたします。当プランは、当社が展開している『オンライン産業医面談』サービス※1、『オンライン医療相談』サービス、そして『オンラインストレスチェック』サービスをパッケージ化しております。従来のサービス内容から小規模法人に適正な機能や利用時間に縮約しており、通常プランよりもリーズナブルな月額2万円(税別)※2でご利用いただけます。

※1:産業医面談を実施する医師は、従業員が業務に従事している事業場に関する事業概要、業務の内容及び作業環境等に関する情報並びに対象労働者に関する業務の内容、労働時間等の勤務の状況及び作業環境等に関する情報を事業者から提供を受けてオンライン面談を実施いたします。
※2:初期費用5万円(税別)が別途かかります。

※当プランは、一定の条件を満たせば、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われている「小規模事業場産業医活動助成金」の申請対象となります。助成金に関する適用条件等はこちらをご確認ください。 

■「従業員数50名未満企業専用プラン」をご希望の企業様は、こちらよりお申込み・お問い合わせください。

20210215_HP

従来、従業員50名以上の事業所においては、産業医を選任することやストレスチェックを年に1回実施することが法律で義務付けられておりますが、50名未満の小規模法人や事業所に対しては努力義務にとどまっており、産業医を選任していないことも珍しくありません。
一方で、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、在宅勤務やテレワーク、外出自粛など、生活スタイルの変化や日常の健康不安等から生じるストレスにより、企業規模にかかわらず人事担当者の気づかないところでメンタルヘルス不調を抱える従業員が増えてきております。企業・各事業所は、このような特殊な環境下における現状に即したメンタルヘルス対策を行っていく必要があります。

そのような中、「first call」では、従業員が専門医に対して自身や家族の心身の不安について気軽に相談できる『オンライン医療相談』サービスや、従業員がテレビ電話で産業医面談を受けることができる『オンライン産業医面談』サービス、そして、企業が従業員のストレスレベルを把握し、メンタル不調の早期発見をサポートする『オンラインストレスチェック』サービスを提供してまいりました。

この度、当社は、国内企業のうち過半数を占める50名未満の法人が、産業医による従業員面談やストレスチェックといった従業員の健康を支援するサービスを手軽に利用できるよう、「従業員数50名未満企業専用プラン」を提供することにいたしました。
当プランは、従来のサービスの利用時間や機能を小規模法人が使いやすいよう縮約してパッケージ化しており、従来から提供している従業員数50名以上の企業向けの産業医選任プランよりもリーズナブルな価格でご利用いただけます。また、すべてのサービスをオンラインで利用することができるため、導入企業の従業員はご自身の都合に応じてどこでも産業医との面談や医師への相談ができることに加え、人事担当者や担当産業医は、緊急時においてもスピーディで柔軟に対応することが可能です。

今後も「first call」は、企業規模にかかわらず、企業の産業保健活動のDXを牽引することで、従業員の皆様の健康管理をサポートするとともに、人事担当者の産業保健業務の効率化を図るサービスを拡充してまいります。

■「従業員数50名未満企業専用プラン」の概要

<プランの内容>
①オンライン医療相談(チャット機能のみ。回数無制限)
各科目の専門医が、チャットで従業員からの医療相談に回答します。従業員はいつでも、どこからでも医師に匿名で相談することができます。

②オンライン産業医面談(15分×2回/月、時間の延長や面談回数を追加する場合は、別途費用がかかります)
毎月2回、15分ずつの当社の医師ネットワークから選任した産業医とオンラインで産業医面談を実施いただけます。また、従業員が安心して相談できるよう、同じ産業医が同じ企業を継続的に担当いたします。
企業全体の感染症対策や健康増進施策についてなど、人事担当者からの相談に応じることも可能です。

なお、産業医面談を実施する医師は、従業員が業務に従事している事業場に関する事業概要、業務の内容及び作業環境等に関する情報並びに対象労働者に関する業務の内容、労働時間等の勤務の状況及び作業環境等に関する情報を事業者から提供を受けてオンライン面談を実施いたします。

③オンラインストレスチェック(回数無制限)
Webまたはアプリでストレスチェックを実施できます。実施案内・受検・集計・結果通知まで、全てオンラインで完結します。

当プランでは、産業医は職場巡視や衛生委員会への参加・健康診断のチェック等は実施いたしません。それらの業務をご希望の方は、従業員数50名以上の企業向けのfirst call産業医サービスをこちらよりお申込みください。

<料金>
月額2万円(税別)、初期費用5万円(税別) 
※当プランは、一定の条件を満たせば、厚生労働省の産業保健活動総合支援事業の一環として行われている「小規模事業場産業医活動助成金」の申請対象となります。助成金に関する適用条件等はこちらをご確認ください。
 

■「first call」の法人向けサービス概要

「first call」では、法人向けに以下3つの産業保健支援サービスを提供しています。従業員のメンタルヘルス対策や健康管理をワンストップでサポートすると同時に、オンライン化と管理システムの導入により人事担当者の業務負担を軽減いたします。尚、従業員の方々は、すべてのサービスをパソコン、タブレット、スマートフォンのいずれからもご利用いただけます。

firstcall2

①オンライン医療相談・産業医相談
日常生活における自身と家族の体調の不安や悩みについて、チャットとテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談いただけるサービスです。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談(匿名)に専門医が実名で回答します。尚、医療相談は、従業員専用アプリもしくはWEB版のいずれでもご利用いただけます。
また、経営者や人事担当者が、「first call」に登録されている経験豊富な産業医に、自社での健康対策等についてチャット形式で相談することも可能です。

②産業医訪問・オンライン面談
産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービスです。産業医面談をテレビ電話でも実施可能とすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減します。

③ストレスチェック

WEBで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービスです。受検一斉案内から受検状況の確認までをシステム上で一括して実施でき、1年に何度でも人数制限なしに無料でご利用いただけます。「産業医訪問・オンライン面談」と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上で一元管理しながら実施することが可能となります。

<「first call」に関するお問い合わせ>
お申込みのご希望や、ご不明な点などがございましたら、以下からお問い合わせください。
contact@mediplat.jp

【メドピア株式会社の概要】
会社名: メドピア株式会社
所在地: 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設 立: 2004年12月
代表者: 代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容: 医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL: https://medpeer.co.jp

【株式会社Mediplatの概要】
会社名:株式会社Mediplat(メドピア株式会社子会社)
所在地:東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル15階
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役 CEO 林 光洋
事業内容:産業保健支援サービス「first call」の運営、ライフログプラットフォーム事業
URL:https://firstcall.md/Home/About

Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.