製薬メーカー「UCB」と患者SNS「PatientsLikeMe」が戦略的提携
2009.06.16
カテゴリー:未分類

http://www.pharmiweb.com/pressreleases/pressrel.asp?ROW_ID=6900

Participants will record their real-time day-to-day progress in controlling their seizures and achieving their treatment goals, and share that with the community to help patients, caregivers, researchers and industry learn more about the disease.

PatientsLikeMeは、ALSなど、難病にfocusした米国の患者SNSです。

今回の提携は、てんかん患者のコミュニティ部分での提携のようですね。

患者が記載する日々の症状(てんかん発作)を患者同士・ヘルスケアプロバイダー・研究者と共有するとのこと。

(当然匿名化はされているものと思われます)

いよいよこのような取組みが始まったか、という感慨があります。当然今後の臨床研究・治験のあり方も変わっていくでしょうし、そのような中で医師・研究者たちがどのように対応していくかも注目です。

(以前紹介したかもしれませんが、Clinical Trial 2.0として < https://www.healogica.com/search/ >このような取組が始まっています。)

さて、日本の医師は???

  • カテゴリー:未分類
Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.