ニーズが先かソリューションが先か?
2009.07.19
カテゴリー:未分類

最近、ソーシャルメディアをマーケティングに活用しようという動きが活発になってきています。

ブログ・SNSから、twitterなどのマイクロブログと呼ばれるサービスまで、web 2.0は一過性の流れではなく、世の中の仕組みの変化なのですから、様々なサービスが出てくるのは当然で、多くの人々がサービスの恩恵にあずかっていることと思います。

先日の総務省の調査でも、重複入れてですが、述べ7000万人がSNSを利用している、とのことですから、少なく見積もっても2000~3000万人位はなんらかのSNSに入会しているのではないでしょうか?

このようなソーシャルメディアを利用して、世の中のニーズ・問題を解決しようとする動きと、

何らかのニーズ・問題があって、それをソーシャルメディアを利用することで解決しようとする動きと、

ふと、どちらがありなのかな?ということを思ったのです。

私たちNext Doctorsは後者を選択したことになるし、かなりターゲットを絞った形のSNS(例えば妊婦さんとか、リタイア組とか)は、自然と後者になっていますね。

もちろん、ソーシャルメディアを利用している人がたくさんいることには同意しますが、逆にいえば、それ以上の人々が(少なくとも日本国内では)利用していない人々であることも事実です。そして、それらの人々も同様に様々な問題・ニーズを抱えている、ということを考えると、私は、インターネットはあくまでもツールである、という前提に立ち、「問題・ニーズがあって、それを解決するためにソーシャルメディアというツールを利用する」という選択をしたいと思います。

少なくとも医療に関しては、そうあるべきだと思います。

  • カテゴリー:未分類
Copyright(C) ALL RIGHTS RESERVED , MedPeer,Inc.